広尾学園小石川中学校・高等学校
26/28

広尾学園小石川Q&AFAQ広尾学園には富士見スコレーという校外研修施設があり、広尾学園小石川の校外施設には広大な市川グラウンドとテニスコート3面があります。それぞれの施設を相互利用することで両校の教育活動の幅はよりいっそう広がっています。Q 外部施設にはどのようなものがありますか。A「本物との出会い」を重視するキャリア教育プログラムは、日本の学校教育の考え方や枠組みを超えて、中学の早い時期から本格的かつ高度な内容のプログラムを体験。生徒自身の将来を考えるために必要な、幅広い視野と本物志向の姿勢を養っていきます。キャリア教育プログラムは本科コース、インターナショナルコース共通で、プログラム内容については広尾学園との共同プログラムはもちろん、広尾学園小石川独自のプログラムも導入します。Q キャリア教育プログラムは  どういった内容ですか。  A時代に合ったテクノロジー(ICT環境)は、教育活動の充実と高度化を実現するための土台として必須です。新しいテクノロジーの導入は、それが教育活動の中に自然な形で浸透してはじめて価値を発揮します。ICT活用は、日常の学園生活を充実させるだけでなく、今までの日本の中学校、高校では不可能だと思われてきたレベルの高度な教育活動を実現するためにも活用されます。Q ICT機器はどのように活用されますか。  A昼食は原則としてお弁当を用意していただきますが、校内でも購入することができます。Q 昼食はどのようにとりますか。  A一般的な校則です。生徒全員が安心して学校生活を過ごすためには校則に沿った「自律」の精神が必要です。制服の着方から髪型、生活習慣などの決まりを守ってこそ、自分らしさを発揮できます。Q 校則は厳しいのでしょうか。  A自転車登校は認めていません。Q 自転車登校は認められていますか。  Aプール施設がありませんので、水泳の授業はありません。Q 水泳の授業はありますか。  A留学先の学校が正規の教育機関であり、留学の目的が本人にとって教育上有益だと判断される場合、1年を期間として留学が認められます。復学する学年については審査のうえ決定されます。Q 高校生になって長期留学はできますか。  A携帯電話の持ち込み自体は認められていますが、ルールがあります。朝礼時、中学生は貴重品とともに担任に預け、終礼時に受け取ります。使用は放課後の時間帯で、使用場所にもルールを設けます。Q 携帯電話の持ち込みは認められていますか。Aまずは両校の教員や職員の交流です。広尾学園から2018年度は教頭を、2019年度は学園長を招き、2020年度には広尾学園から校長を招きました。広尾学園小石川の教員が広尾学園で授業をしたり、広尾学園の教員が広尾学園小石川で指導に当たったりしています。交流で大切なのは両校の先生方の指導力向上です。広尾学園小石川と広尾学園の教員が合同で教員研修を実施し、互いが切磋琢磨して指導力を高め合っています。さらに、2021年度広尾学園小石川中学校のスタートにあたっては、広尾学園中学校で指導経験を積んだ外国人教員がインターナショナルコースの教育活動と本科コースの英語を含む学校全体の国際教育を推進すると同時に、本科コース、インターナショナルコースの教育内容は広尾学園中学校・高等学校の本科コース、インターナショナルコースのカリキュラムをそのまま導入します。Q 広尾学園との教育連携について教えてください。A24 HIROO GAKUEN KOISHIKAWA Junior & Senior High School

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る