広尾学園小石川高等学校2021学校案内
15/24

社会SOCIAL STUDIES3年間のプログラムSUBJECT / 教科ガイド〈理科/社会〉国際市民としての人材育成を多様化・複雑化する社会において、社会科の学習が担う役割は大きくなってきています。社会科の学習では、学んだ内容をいかに日々の生活や社会で役に立てるかが大切です。生徒の皆さんが「社会科」に関心をもち、事象を考察することができるか、社会科の教員一同、そのことを念頭において、授業づくりに取り組んでいます。その上で、大学入試で結果を出せるような授業を日々行い、生徒のみなさんの夢の実現に貢献できるような「社会科の学習」を目指しています。1学年2学年3学年〔世界史A〕大航海時代・ルネサンス・宗教改革から第二次世界大戦後の世界までの歴史を学びます。〔現代社会〕青年期と自己の形成、現代の民主主義と法、現代の経済、現代社会の諸課題について学び、現代における社会の動向、日本、そして個人のあり方について考察します。文系選択必修科目より世界史B・日本史Bを履修します。地理Aは文系・理系とも必修です。〔世界史B〕古代文明の成立と発展から16世紀の世界までを学び、近世以降の世界の歴史的大変動への考察につなげます。〔日本史B〕日本の国のはじまりから江戸幕府の中期までを、政治史を中心に横断的に学びます。〔地理A〕系統地理を中心に学習します。〔政治・経済〕日本および国際政治の仕組み、日本および国際経済を横断的に学習し、現代の諸問題への探究を深めます。〔世界史B〕16世紀以降の近現代史について学習します。〔日本史B〕江戸時代末期から現代史について学習します。〔私大世界史〕〔私大日本史〕〔地理演習〕〔現代社会演習〕〔倫理、政治・経済演習〕大学受験に向けて、問題演習を中心に学習を深めます。TEACHER'S MESSAGE社会科の学習の目的は、「知る→考える→実践する」ことにあります。現在の社会を知り、過去の人々の営みを知り、事象の原因と結果、経緯を知ることは、これからの日本と世界を担う若者には必要なことです。まずは自国のことを深く学ぶこと、その上で他国のことを理解すること、それこそが真の「国際化」です。そのための「知識」「思考力」「実践力」を社会科の学習を通して身につけていきます。社会科部長 渡邊 英志        WATANABE EIJIHIROO GAKUEN KOISHIKAWA Senior High School 13

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る