学園の歴史

学園の歴史について

創立以来110年にわたる教育の歴史を持つ村田女子高校と、2007年の共学化以来、日本の学校教育に新しい風を起こしてきた広尾学園中学・高校が2018年に教育連携を結びました。

それ以降、両校間では前広尾学園校長、教頭、統括部長が村田女子高校の学園長、校長、教頭に就任したのをはじめとして、段階的な教職員の交流を進めてきました。

そして2021年、これまでの両校の教育連携は、広尾学園小石川の誕生という形に結実します。

広尾学園小石川はこれから広尾学園と肩を並べて、お互いの切磋琢磨と協力関係のもと、日本の学校教育、ひいては世界の学校教育を牽引する教育機関を目指す学校です。

学園の沿革

明治42年
(1909)
日本橋川と小石川の合流する一ツ橋に 学校法人村田学園設立(設立者・村田謙造)
昭和6年
(1931)
村田簿記学校内に村田女子計理学校併設
昭和14年
(1939)
校舎を小石川区久堅町に新築移転
昭和18年
(1943)
校名を村田女子商業学校に改称
昭和59年
(1984)
市川校舎、市川グラウンド落成
平成11年
(1999)
校舎を文京区駒込(旧・小石川区籠町)に新築移転
平成13年
(2001)
普通科を設立
平成21年
(2009)
創立100周年
平成30年
(2018)
広尾学園と教育連携
令和3年
(2021)
共学化して中学校を開設 広尾学園小石川中学校・高等学校に改称 本科コース・インターナショナルコース(AG/SG)を設置

インターネット出願開始!

【国際生入試】第1回 2020年10月12日(月)9:00~2020年10月23日(金)24:00

※事前入力は、2020年10月1日9:00より可能です。
※その他の入試は詳細ページをご確認ください。


広尾学園小石川にいらっしゃいませんか?

ご質問や資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

学校案内の郵送を希望する場合は、 資料請求をご利用ください。